「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」を合言葉に、心たくましく、しなやかな児童を育てます。

  • 小
  • 中
  • 大

国立第四小学校

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
国立第四小学校
ホーム > 学校概要 > 学校長挨拶

学校長挨拶

 平成29年4月1日に国立市立国立第四小学校に着任した市川晃司と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、近年、少子化・高齢化、情報化やグローバル化といった社会変化が、人間の予測を超えて加速度的に進展するようになってきており、どのような職業や人生を選択するかにかかわらず、すべての児童の生き方に影響するものとなっています。このような時代だからこそ、児童一人一人が予測できない変化に受け身で対処するのではなく、変化を前向きにとらえ、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる力を身に付けられるようにすることが重要であると考えます。

 このような状況を踏まえ、文部科学省は、第三期教育振興基本計画において、今後の社会の方向性として、「『自立』『協働』『創造』の3つの理念の実現に向けた生涯学習社会を構築」する必要性を引き続き示しています。私は、生涯学習社会の基盤づくりの視点から、小学校段階においては、特に「自立」と「協働」の理念が大切であると考えています。具体的には、変化の厳しい予測困難な社会において、一人一人が多様な個性・能力を伸ばし、充実した人生を主体的に切り開いていく力=「自立」、コミュニケーションを図りながら個人や社会の多様性を尊重し、それぞれの強みを生かして、ともに支え合い、高め合い、社会に参画できる力=「協働」ととらえ、それらを意図的・計画的に育成することです。

 私は、この思いを児童はもちろんのこと、国立第四小学校に関わるすべての方と共有するため、「自立」を「夢」に、「協働」を「感動」に置き換えます。そして、
「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」
を合言葉としてすべての教育活動に関連づけ、子供たちに知・徳・体のいわゆる「生きる力」を十分かつバランスよく身に付けさせます。その結果、予測困難な社会に対して、たくましくそしてしなやかに生き抜く資質や能力を有した人間の土台作りを推進いたします。


国立市立国立第四小学校長 市川 晃司

 

夢いっぱい 感動いっぱい(校長室から) 画像

1月19日公開

1月19日(土) ご来校、ありがとうございました(学校公開)

 2校時には、二中吹奏楽部の皆さんをお招きしてミニコンサートを開催しました。演奏していただいた曲は子供たちが聞いたことのあるものばかりで、体を揺らしながら聴く児童が多くみられました。写真は、昨年度から人気の「USA」の演奏にのって子供たちが踊っている写真です。二中の皆さま、お休みのところ、本当にありがとうございました。

 1年生です。生活科「自分でできるよ」で凧作りを行いました。昨日までにある程度まで仕上げ、今日は色塗りを家族の方に手伝ってもらいました。3校時、4校時には、それぞれの学級が校庭に出て、保護者の方と凧揚げを楽しみました。色塗りや糸結びなど、自分でできることが多くなった1年生。とても誇らしげでした。

 2年生です。生活科の学習として2学期に行った町探検で調べたこと、分かったことの発表会を行いました。どのグループもカラフルにまとめた模造紙を示しながら、分かりやすく発表していました。発表後には、保護者の方も質問をしてくださり、子供たちはうれしそうに答えていました。地域の一員としての自覚も高まったようでした。

 3年生です。音楽室で「おはやし」の演奏を楽しんでいました。学習している「おはやし」は、太鼓と笛で構成されており、子供たちは「太鼓グループ」と「リコーダーグループ」に分かれて練習をしていました。太鼓をリズムよく叩く姿やリコーダーの穴のふさぎ方を互いに教え合う姿が印象的でした。

 4年生です。保健「育ちゆく体とわたし」の学習で、自分の成長について調べていました。発育測定後に配布される「保健カード」の体重や身長の数字の変化を見ながら、「こんなに成長したんだ!」と驚く子供の様子が印象的でした。傍らに立つ保護者の方への感謝の気持ちもあらためて感じたのではないでしょうか。

 5年生です。学級活動の時間に、ヤクルトの方をゲストティーチャーとしてお招きし「おなか元気教室」を開催しました。便が健康のバロメーターであることを説明していただき、子供たちは「なるほど・・・」と新たな知識の習得を喜んでいました。また、積極的に質問も行い学びを深めることもできました。

 6年生です。社会科の学習の一環として「租税教室」を開催しました。ゲストティーチャーとして税理士の方をお招きしました。税金の仕組み、税金の種類など、分かりやすく説明していただきました。また、税金の使い方についてはグループで検討する活動もあり、子供たちは頭を突き合わせて考えていました。

1月18日(金)「本って楽しいな」  ※明日は学校公開日です。

 全校集会で図書委員会の子供たちが本の紹介をしてくれました。題名は「うどん対ラーメン」。ストーリー、挿絵ともに1年生から6年生まで、そして大人でも楽しめる内容でした。ポイントとなる挿絵を広幅用紙に拡大、色塗りし、動かしながら読み聞かせをすることで、臨場感あふれる発表になりました。来週は読書週間です。

 終了後、担当の教職員から子供たちへねぎらいの言葉と振り返りがありました。子供たちは達成感と認められた喜びで笑顔いっぱいでした。本校では、「めあて」とともに「まとめ・振り返り」の活動を大切にしています。教職員が適切に評価し、子供たちが活動を振り返ることで、次の学びにつながると考えるからです。

1月17日(木) 友達のすてきなところは?

 2年生の図工「おうちをつくろう」の授業です。色画用紙を使って家を作ります。紙を切ったり貼ったりして細かい部分を工夫することがねらいです。今日は全員が作り終わり、友達と作品を鑑賞し合いました。子供たちはじっくり見て、すてきな部分をワークシートに書いていました。「感動いっぱい」の学校づくりには欠かせない教育活動です。

1月16日(水) 避難訓練、しっかりできました

 朝学習の時間に緊急地震速報が流れ、震度4の地震が発生したという想定で避難訓練を行いました。子供たちは放送をしっかり聞き、「お・か・し・も」をよく守り校庭へ避難しました。寒い朝にもかかわらず、おしゃべりもせずにしっかりとできた子供たちに「今日は100点満点です」と伝えました。

1月15日(火) 全校朝会「新しい時代に向かって」

 新しい元号が4月1日に発表され、5月1日から施行されることが決まっています。そこで、「平成」までのいくつかの元号を紹介するとともに今後施行されるまでの日程について話をしました。高学年は知っている子供が多かったようです。子供たちには、時代の転換期にいること、一日一日を大切に過ごすことを意識してほしいと願っています。

1月15日(火)「あいさつ運動週間」「ユニセフ募金週間」始まりました

 寒い朝を迎えました。2つの取組が今日から始まり、代表委員会の子供たちが西門および北門に立ちました。「おはようございます!」と元気のよいあいさつが多く聞かれました。また、初日ということもあり封筒に入れたお金を募金してくれる子供が多くみられました。あいさついっぱい、思いやりいっぱいの学校になるといいなあと思いました。

1月15日(火) 体幹を鍛えよう

 本校では、体幹を鍛えることで体力向上を目指す取組を継続的に行っています。そのための「コオーディネーショントレーニング」を教えていただくために外部から講師をお招きし、体育の授業を行っていただきました。写真は2年生です。二人組になり手を握り、足先をくっつけて同時に立つ運動です。たくさんの動きを楽しく教えていただきました。

1月11日(金) 世界を知ろう

 全校集会では、代表委員会の子供たちが「ユニセフ募金」について説明をしました。食べ物やワクチン不足により、子供たちの尊い命が失われている地域があることを映像を交えて分かりやすく説明してくれました。来週は「ユニセフ募金週間」「あいさつ週間」です。ユニセフ募金については、可能な範囲でご協力をいただければ幸いです。

1月11日(金) 1年生、専科デビュー

 本校では、3学期から1年生の音楽と図工の授業が専科担当になります。音楽室では1年2組の子供たちが専科教員の説明をしっかり聞いた後に、「サヨナラ」という曲を心を込めて歌っていました。これは、3月に実施する「6年生を送る会」で全校児童が歌う歌です。1年生も2年生に向けて少しずつ心の準備を図っています。

1月10日(木) 落ち着いたスタートが切れています

 今朝はこの冬一番の冷え込みでした。寒さを感じながらも子供たちは元気に登校しました。教室を回ると、各学年そして各学級大変落ち着いた雰囲気の中で授業が行われています。これも子供たちが冬休みに家庭及び地域でたくさんの愛情をもらい、充実・安心した気持ちで生活できているからだと思います。写真は5年生算数の様子です。

 プレイルームでは、3年生が書き初めを行っていました。私語なく凛とした様子で筆を持つ子供たちの表情は素敵です。3年生は「お正月」と書きます。学校での練習、冬休みの家庭での練習を重ねて、力強い立派な字が書けるようになりました。1月19日(土)の学校公開では、書き初め展も同時開催いたします。おぜひご来校ください。

1月9日(水) どのくらい成長したかな?

 発育測定がありました。今日は高学年、明日は中学年、明後日は低学年が対象です。子供たちは、この数か月で身長、体重ともに成長していることを自覚しているようで、測定を楽しみにしている様子が見られました。写真は、発育測定の前に主任養護教諭が生活リズムを整える大切さの講話を行い、5年生がしっかりと聞いている場面です。

1月9日(水) 平和な世界へ

 6年生が原爆体験伝承者の方からお話を聞きました。映像や写真を用いながら、分かりやすく説明をしてくださいました。子供たちは真剣に話を聞き、改めて平和の尊さを実感したようです。また、社会科で学習した内容と関連付けることができ、深い学びになったとの感想もありました。

1月8日(火) 3学期始業式 

 新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。登校する子供たちから「おはようございます!」「明けましておめでとうございます!」と元気なあいさつのプレゼントをもらいました。3学期始業式では、2学期終業式に話をした「めあて」「かぞく」について、6名の教員が代表で発表しました。

 その後、各学級では、3学期のめあてを一人一人が一生懸命考えていました。「積極的に発表する」といった学習に関することや、「早寝早起きをして生活のリズムを整える」といった生活に関することが見られました。どの学級もやる気に満ちた温かい空気が流れていました。写真は1年1組で、めあてを口頭で発表している様子です。

12月25日(火) 2学期終業式

 最も長い学期である2学期を、一生懸命頑張った子供たちをたくさんほめました。通知表(あゆみ)をすべて読んだことを伝え、今回は特に3・4年生代表児童の一部を紹介しました。合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい」を具現化する2つのキーワード「めあて」と「ともだち」について書かれている4名のあゆみを紹介しました。

 終業式後には、各学級で通知表(あゆみ)を学級担任から子供一人一人に手渡す光景が見られました。学級担任は、一人一人の努力したこと、成長したことをていねいに伝えていました。子供たちは、学級担任から認められたことを喜び、笑顔がたくさん見られました。ご家庭でもぜひご家族で読んでいただき、たくさんほめていただけたら幸いです。

12月21日(金) 残すはあと一日

 2学期も終業式を行う25日(火)のみとなりました。各学級では、2学期の学習や生活を振り返るとともに、お楽しみ会をして楽しい時間を過ごしたり校舎内を大掃除したりする様子が見られました。写真は5年生の教室です。雑巾を使って床を一生懸命拭いている5年生に感動しました。気持ちよく新年を迎えることができるとよいですね。

12月20日(木)「給食大好き!」

 今日の給食は「クリスマスこんだて」でした。パエリア、ほしのおこめスープ、モミのきチキン、チョコがけリングドーナツと多くの子供たちが喜ぶメニューです。特に、チョコがけリングドーナツに子供たちは大興奮。「おいしい!」とにこにこ笑顔で食べていました。3年2組を訪ねると、ちょうどおかわりじゃんけんのタイミングでした。

12月19日(水)「ミニバス練習、楽しんでいます」

 2月の市内ミニバスケットボール大会に向けて、先週から6年生の有志が放課後練習を開始しました。毎回、テーマを決めています。本日のテーマは「手首のスナップ」と「ボードの使い方」でした。ほとんどの子供がバスケットボールを本格的に行ったことはありませんが、日々成長する楽しさを実感するように練習に励んでいます。

12月18日(火) 全校朝会「かぞく」

 家族について話をしました。まず、全国の小学生が書いた家族に関する詩を4編紹介しました。次に、家族に関する校長のお願いとして、①自分の家族を大切にすること ②友達の家族も大切にすること ③家族の一員としてお手伝いをがんばること の3つを話しました。子供たちの心に響いてくれたらうれしいです。

 生活指導主幹が、職員室の入り方の話をしました。職員室から実際に運んできたドアを見て子供たちは大歓声。職員室の入り方がとても上手な子供が舞台に上がり、実際にお手本を見せてくれました。「失礼します。〇年〇組の〇〇です。・・・」上手な言い方に大きな拍手が起こりました。子供たちのこれからの入り方が楽しみです。

12月17日(月) 校外学習(6年生)

 午前中、国会に行きました。朝、7時30分には学校を出発したのですが、高速道路でまさかの渋滞。3時間の時間を要してしまいました。そこで、参議院の見学はカットし、法案を疑似的に協議する体験プログラムに参加しました。本校の代表児童も役割を担い、教室で学習したことを実感的に学ぶことができました。

 午後は科学技術館に行きました。2階から5階までの4つのフロアに、約20の展示室があり、展示物を見るだけではなく、触ったり動かしたりしながら科学や技術に触れることができる施設です。写真は自動車の模擬運転を体験している様子です。子供たちは時間いっぱい、科学や技術の不思議さを体感していました。

12月14日(金) 多くのことを学びました(長なわ大会)

 登校した子供たちは学級ごとに声をかけ合い、校庭で練習を行っていました。「はい、はい」とリズムをとったり、失敗した子には「どんまい!」と温かく声をかけたりする場面がありました。低学年は、高学年のお兄さん、お姉さんに縄を回してもらっていました。写真は、6年生の子供が2年生の縄を回している場面です。

 本番直前です。6年生が1組、2組全員で円陣を組みました。今まで切磋琢磨して練習してきたことにより、互いの力や気持ちが高まったことを喜び合う様子が見られました。この長縄の取組を通して、子供たちは様々なことを学んでいます。今後も、本校の大切な教育活動の一つととらえ、よりよい行事になるよう改善します。

 いよいよ本番です。3分間で何回跳べるか挑戦です。2回行い、回数が多い方が学級の記録となります。各学級、練習の時よりも声が大きく、より集中している様子が見られます。どの学級も本当に頑張りました。ちなみに最高記録は6年1組の336回でした。(ものすごく速かったです。)ご来校いただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。

12月13日(木) オリンピック・パラリンピック教育講演会

 女子ソフトボール日本代表としてアテネオリンピックで銅メダル、北京オリンピックで金メダルを獲得し、現在は東京女子体育大学で指導されている佐藤理恵さんを講師としてお招きしました。2校時には、全校児童に対してオリンピックを通して学んだことをお話しいただきました。特に、チームワーク、仲間の大切さを教えていただきました。

 3校時には5年生が、4校時には6年生が校庭で実技指導を受けました。ボールの捕り方、投げ方など、基本的なことを楽しく教えていただきました。遠くまでボールを投げたり、バットで大きな打球を打つ佐藤選手にみんな拍手喝采。授業後には佐藤選手の周りに大きな輪ができていました。写真は5年生の様子です。

 1年生の教室では、東京都教育委員会が発行する「オリンピック・パラリンピック学習パンフレット」を活用して、オリンピックについて学ぶ姿がありました。表紙には女子ソフトボールチームの写真が載っていて子供たちは大興奮。昭和39年に開催された東京オリンピックのことを知り、「おじいちゃんに聞いてみよう」とつぶやく子供もいました。

12月12日(水) かわいらしい「小ぎつね」がいっぱい

 音楽室から「小ぎつねコンコン 山の中・・・」とかわいらしい歌声が聞こえてきました。中に入ってみると、2年生が「小ぎつね」の歌を歌いながら、自分自身も身振り手振りで小ぎつねになりきっています。みんな、とても楽しそうです。低学年は身体表現が大好きです。これからも、発達段階に応じた表現活動を進めてまいります。

12月12日(水) 第3回地区児童会

 6校時に地区児童会がありました。今学期の集団登校や地区遊びの反省を行い、3学期につなげるためのものです。当然、各地区においては課題が出されたのですが、逆にしっかりできた面も出され、建設的な話し合いが行われていました。最高学年である6年生の司会・進行が立派でした。ご来校いただいた各地区の役員の皆様、ありがとうございました。

12月10日(月) わくわくタイム(第11回)「達成感を味わうために」

 大道教諭が行いました。体を動かすことが大好きだった幼少期、様々なスポーツを経験しました。唯一苦手だったマラソンですが、一度チャレンジしてみると楽しく、今では生活の一部になっているそうです。写真は、5年生チームvs先生チームでのミニ駅伝の様子です。マラソンの「達成感」を味わうために、これからも続けるそうです。

12月10日(月) 本格的な冬到来

 今季一番の冷え込みでした。朝は5℃前後、日中も10℃近くまでしか気温が上がりませんでした。子供たちは寒さに負けず、金曜日の長縄大会に向けて一生懸命練習していました。中休みには写真のように避難訓練を実施しました。校庭で遊んでいる子供もさっと遊びをやめ、放送に耳を傾けていました。寒い中、立派な態度でした。

12月6日(木) 栄養のバランスを考えて

 昨日、本日と6年生が家庭科の学習でお弁当作りを行いました。栄養のバランスを考えながら、班ごとにメニューを決めたそうです。実習では、女子が男子に野菜の切り方やベーコンの包装紙の開け方を教えている姿が多く見られました。この実践を今後の生活に生かし、時には自分のお弁当を、時には家族のお弁当を作るようになるとよいですね。

12月5日(水) 新記録達成!

 現在、長縄旬間です。中休みには、10時25分から7,8分程度、各学級での練習が行われています。写真は2年1組の様子です。「やったー!」という大きな歓声が上がったので写真を撮りました。今までの最高回数89回が105回に更新されたそうです。どの学級でも自分たちの記録の向上を目指して積極的に取り組む様子が見られます。

12月5日(水) 図工室は美術館

 本校の図工室はいつ訪問しても整理整頓がなされています。作品棚には子供たちの作品が大切に飾られていて、まるで美術館のようです。また、用具や材料などがあるべき場所にきちんと置かれています。子供たちが学ぶ場を整えることは、一人一人の子供を大切にしている証です。学校公開の際、ぜひご覧ください。

12月4日(火) 全校朝会「暴力は許されません」

 相手の心や体を傷つける暴力は絶対に許されないことを伝えました。また、腹が立った時に、どのように対処すればよいか考えさせた後、私が考える3つの方法を伝えました。どんな話だったかお子様に聞いてみてください。その後、朝の会では体罰に関するアンケートを実施しました。今後は結果に基づき、管理職が事実確認を行います。

12月3日(月) 個人面談開始

 本日から7日(金)までの5日間、個人面談を実施いたします。保護者の方におかれましては、お忙しい中ご来校いただきありがとうございます。お子様の2学期の状況、そして成果や課題を確認し合い、今後に向けて建設的な面談になるよう努めます。教室や廊下には全校で取り組む人権標語が掲示されていますので、お時間がありましたらご覧ください。

12月3日(月) 市議会を傍聴しました(6年生)

 社会の学習の一環として、市議会を傍聴しました。赤い絨毯が敷かれた格式高い議場に子供たちも緊張気味で、議事の進み方をじっくりと観察していました。市役所の方と市議会議員の関係、議長の進行により粛々と進められる議事、発言のルール、税金を納める大切さ等、多くのことを理解できたようです。写真は市役所に到着した場面です。

11月30日(金) 長縄旬間スタート!

 本日は長縄旬間の開始日なので、全校集会ではまず体育委員会の子供たちが跳び方のお手本を見せてくれました。その後、写真のように学級ごとに校庭に広がり、3分間で何回飛べるか計測をしました。学級ごとに行う長縄、様々な教育効果を期待しています。子供一人一人の心や意欲を大切にしながら、全校で取り組んでまいります。

11月29日(木)「力を合わせれば・・・」

 本日は、今年度最後の全校クリーン活動(落ち葉拾い活動)でした。約25分間、学年ごとに指定された場所で落ち葉を拾いました。どの学年も与えられた持ち場の落ち葉を一生懸命集めていました。集まった量は、何と大きなポリ袋21袋分。担当の教員から「一人一人の力は小さくても、協力して大きな力になりました」という話が印象的でした。

 お昼の掃除の時間には、引き続き5年生が校庭脇(北大通り)の落ち葉拾いを行ってくれました。場所を移動するときは、時間を惜しむかのように一生懸命走る5年生を見て、何だかとてもうれしい気持ちになりました。自分の利益だけではなく、学校全体のため、地域のために前向きに働いている姿に心打たれました。

11月29日(木) 春を楽しみに・・・

 地域の方にご来校いただき、校庭に植えている3本の桜の木の肥料やりを行いました。本校の代表として、6年生10名に参加してもらいました。3か所に分かれた後、桜の木を中心に半径1mほどの円に沿って5㎝ほど掘り進めました。その後、肥料をまき、再び土を被せて終了しました。来年の春、満開の桜が咲くことを楽しみにしています。

11月28日(水) いじめのない学校に

「ふれあい月間」に基づき、6月、11月、2月の年3回、いじめの実態調査を行っています。本校では、写真のように、今月実施した児童のアンケート結果を検討する「校内いじめ対策委員会」を開催しました。児童の感じ方、捉え方を大切に協議しました。今後も児童の様子を細やかに把握し、安心して過ごせる学校づくりを進めてまいります。

11月27日(火) スクールサポートスタッフが配置されています

 国立市では、今年度から全校にスクールサポートスタッフが1名ずつ配置されています。この配置は、副校長の業務軽減による学校経営の充実、教員の業務軽減による子供と触れ合う時間と教材研究の時間の確保が主な目的です。印刷、掲示等、多くのことをやっていただき、副校長や教員は本来の業務に専念できつつあります。

11月26日(月) わくわくタイム(第11回)「きっかけはどんなことでも」

 志村教諭が行いました。高校時代から始めたテニスについて話をした後、実際に代表児童とボレーのラリーやまた抜きショットを披露してくれました。中学時代は野球をやっていたそうで、高校に野球部がなかったことや仲の良い友達がいたことなどからテニスを始めたそうです。「きっかけはどんなことでも・・・」というお話が印象的でした。

11月25日(日) PTAバレーボール大会に参加しました

 第30回PTAバレーボール大会がくにたち総合体育館で開催され、四小PTAバレーボールチームも出場しました。予選の1試合目では、1セット目を取ることができ、大いに盛り上がりました。結果は1分1敗でしたが、PTAの絆を深め、楽しい時間を過ごすことができました。運営に携わってくださった役員の方に御礼申し上げます。

11月22日(木) 校外学習に行ってきました(5年生)

 5年生と校外学習に行ってきました。午前中は、日野自動車羽村工場を訪問しました。写真のように、まず羽村工場の概要の説明をしていただいた後、3つのグループに分かれて工場を見学しました。実際に自動車を作っている様子を見た子供たちは目を輝かせていました。終了後、「いろいろなことを学べてよかった」と感想を述べる子が多くいました。

 午後は八王子市にある八王子サイエンスドームを訪問しました。昼食をとって早速入館。体験的に学べる場が多く、子供たちは思い思いに楽しんでいました。科学の力が日常生活にたくさん生かされていることにも気づいたようです。話を聞く姿勢や公共の場での過ごし方も成長している5年生。今後が楽しみです。

11月21日(水) 避難訓練(二次避難)

 2校時に避難訓練を行いました。今回は家庭科室から出火、延焼が広がった想定で、安全を確保するために二次避難場所の北第一公園へ避難する訓練を行いました。子供たちの取組姿勢は素晴らしく、「お・か・し・も」をよく守り、真剣に行っていました。写真は、二次避難場所から学校へ戻る場面です。

11月21日(水) 手話で名前を紹介できました

 4年生が総合的な学習の時間の一環として、手話授業を行いました。外部からゲストティーチャーをお招きし、自分の名前の表し方を教えていただきました。子供たちは、細かい部分まで何度も聞き返していました。そして、同じグループの友達と手話で自己紹介を行い、自分のものにしていました。

11月20日(火) すばらしい5年生!

 6校時、5年生が先週行われた音楽会の片づけをしてくれました。椅子や楽器などの重いものを運んだり、体育館の床をぞうきんできれいにしたりしてくれました。どの子供からも一生懸命さが伝わってきて、とてもうれしく感じました。来年度の最高学年として大きな期待がもてます。写真は、活動後に6年生担任から褒められている場面です。

11月17日(土) 音楽会(保護者鑑賞日)

 音楽会(保護者鑑賞日)を開催したところ、早朝より多数の保護者、地域の皆様にご来校いただきました。子供たちの演奏、いかがだったでしょうか。どの子供も生き生きと輝き、豊かに表現できていたのではないでしょうか。これも、お忙しい中お越しいただいたご家族、地域の方のおかげです。心より御礼申し上げます。

 演奏後は、お客様の席の間を通って退場しました。その際に送られるお客様の拍手が温かく、大変ありがたく感じました。笑顔で、そして誇らしげに歩く子供たちの様子が印象的でした。きっと達成感、充実感でいっぱいだったと思います。これからも、子供たちの学習意欲、自己肯定感が高まる教育活動を大切にしていきます。

 プログラムの最後は6年生の合唱・合奏でした。心が一つになった、質の高い演奏に会場からは割れんばかりの拍手が送られました。その後、写真のように「終わりの言葉」を立派に述べました。6年生はあと4カ月で卒業です。目標に向かって団結する大切さ、明るく前向きに生活する気持ち、最高学年の自覚と責任等、後輩に伝えてほしいと思います。

11月16日(金) 音楽会(児童鑑賞日) ※明日は、保護者鑑賞日です。

 音楽会(児童鑑賞日)を開催しました。どの学年も、たくさんの夢と感動を与えてくれる素晴らしい合唱、そして合奏でした。写真は、3年生による「はじめの言葉」です。テーマ「心にひびく音楽をつくりあげよう」の達成のために心を一つにしようと伝えてくれました。明日は、保護者鑑賞日です。多くの方のご来校を心からお待ちしております。

11月15日(木) 全校クリーン活動

 秋も深まり、校庭の木々の美しい葉を楽しめる季節になりました。一方で、落ち葉の処理には膨大な労力と時間が必要です。この時期は用務主事2名では対応できない量になります。そこで、本校では、毎年この時期に「全校クリーン活動」と称して落ち葉拾いを行います。一生懸命葉を集める子供たちに感心しました。

11月15日(木) さすが、6年生。そして明日は本番。

 6校時は音楽会前日準備でした。6年生が体育館を中心に掃除をしたり装飾をしたりと大活躍。最高学年の自覚と責任が感じられ、どの教員からも大絶賛の声が上がりました。いよいよ明日は音楽会当日です。(保護者鑑賞日は土曜日)本日最後の練習でも、目に涙が浮かぶくらい感動する瞬間がたくさんありました。土曜日、お楽しみに!

11月14日(水) 音楽会リハーサル

 音楽会が明後日、金曜日に迫ってきました。今日は、全学年、通しでのリハーサルです。スローガン「心にひびく音楽をつくりあげよう」のスローガンの達成を目指して、各学年、本番と同じような適度な緊張感の中で行っていました。1年生のリハーサルには、来年度入学する国立保育園、国立北保育園の園児の皆さんが参観してくれました。

11月9日(金) 体が震えるほどの感動をもらいました

 音楽会が来週に迫ってきました。体育館では6年生が合唱と合奏の練習をしていました。合奏「地球星歌」を聴き、心が震えるほど感動しました。特に、ハーモニーの美しさと後半にかけて盛り上げる部分がすばらしいと感じました。子供たちの振り返りに活用するために学級担任はタブレットで撮影していました。本番が楽しみです。

11月8日(木) Can You~?

 5年生が休み時間に校長室を訪問してくれました。「Can You Play kendama?」のように、「Can You~」を使ってインタビューをしてくれました。本校は今年度、外国語活動の研究を行っています。このように授業で学んだことを生かして実際に体験してみることが大切であると考えます。2020年がとても楽しみです。

11月7日(水) 国立市立小・中学校合同授業研究会公開授業(道徳)

 標記の会が市内一斉に開催され、道徳部会では、本校1年1組担任の副島主幹教諭が授業を行いました。市内外の教員、保護者や地域の方総勢50名もの方にご来校いただきました。テーマは「友情、信頼」、友達と進んで関わり、仲良くしようとする心情を育てることを目標に授業を行いました。子供たちは友達のことを一生懸命考えていました。

11月7日(水) 食の大切さを伝えたい

 本校の卒業生が11月1日(木)から教育実習生として1年2組に入っています。目指すは「栄養教諭」。採用人数が少なく狭き門ということですが、子供たちに食の大切さを伝えるために一生懸命頑張っています。今日は野菜に含まれる栄養を理解させること、野菜嫌いを減らすことを目的に授業を行いました。

11月7日(水) 「アルファベットでは・・・。」

 3年生が総合的な学習の時間の学習をパソコン室で行っていました。学習内容は、「伝えたいことを文字や文章で表すこと」です。国語の時間に習得したアルファベットを思い出しながら、徐々にスムーズな打ち込みができるようになっています。つまずいている子には、写真のようにICT支援員が寄り添い、個別指導を行っていました。

11月6日(火) 基礎・基本の定着

 2年生の算数では、かけ算九九の学習を行っています。言うまでもなく、これからの基礎・基本になる大切な学習内容です。2年2組の教室では、「2の段」を様々な言い方で覚える学習を行っていました。自信のある子供は学級担任の所へ行きテストを受けます。ご家庭でも、ぜひ聞いてあげてください。

11月5日(月) わくわくタイム(第9回)「バスケットボールの実演」 

 小山教諭が行いました。小学校でのバスケットボールとの出会い、中学校での実績等を伝えた後、実演をしてくれました。まず、様々な種類のシュートに子供たちは拍手喝采。次に、4年生と6年生の代表児童とのミニゲームで体育館は大いに盛り上がりました。写真は、ミニゲームで6年生が見事にシュートを決める場面です。

11月5日(月) 教育フォーラム「プログラミン教育推進校発表会」

 本校は、平成30・31年度の2年間、東京都教育委員会の指定を受け、プログラミング教育推進校として研究を進めています。本日は、国立市教育委員会との共催で、教育フォーラム「プログラミング教育推進校発表会」を開催し、50名ほどの方が来校されました。授業は2年1組担任の林主任教諭が、取組発表を羽下主幹教諭が行いました。

 授業は学級活動で「ロボットくんをたすけてあげよう!」という単元を設定し、コンピュータを用いない実践を報告しました。本時は「班で話し合って考えたプログラムをロボットに読み込ませて、思い通りにロボットを動かすことができる」ことを目標にしています。子供たちは3人グループを作り、楽しみながら活動していました。

11月2日(金) 心を一つに

 音楽集会を行いました。11月中旬に開催する音楽会の時に全員で歌う「さあ・はじめよう」という曲の練習です。まず全員で歌ったのですが、とても上手でした。その後、音楽の大谷教諭がポイントを指導し、さらにすてきな合唱になりました。子供たちの気持ちや心が一つになったように感じ、とてもうれしく思いました。

 音楽室では、3年生が合奏「地平線」の練習をしていました。「地平線にゆっくりと沈む太陽をイメージして演奏しましょう」という指示のあとの演奏は、とても優しく心地よいものに変わりました。音楽専科だけではなく、学級担任2名も個別指導を行い、学校全体で成功させようとする機運が高まっています。

10月31日(火) 秋のさわやかな日に

 朝晩は冷え込んできましたが、日中はさわやかで過ごしやすい日が続いています。中休みに図書室を訪問しました。20名ほどの子供たちが本を読んだり本を借りたりゆったりと過ごしていました。本の貸し出し作業は、5年生2名の図書委員がパソコンで行っていました。ゆっくりと読書を楽しめる雰囲気がすてきだなあと感じました。

 校庭に行くとたくさんの子供たちが元気に遊んでいました。今の流行りは「キックベース」「バスケットボール」「サッカー」などでしょうか。鬼ごっこも相変わらずの人気です。体を動かすこと、遊ぶことが小学生にとって大切であることをあらためて感じます。さあ、3校時です。次は心を落ち着けて授業に臨みます。

10月31日(水) 「算数習熟度別授業」再開します

 教員の病休と配置変更により、一時休止していた算数習熟度別指導を再開しました。4・5年生は原教諭が10月29日(月)から指導を行っています。今日は4年生の授業を参観しました。子供たちは少ない人数の中で、たくさん質問をしていました。3・6年生は、明日11月1日(木)から再開いたします。

10月30日(火) 全校朝会「平和な世界にするために」

 6年生の野中詩さんが夏休みに参加した、国立市が主催する「子ども長崎派遣平和事業」の発表をしてくれました。実際に長崎に行って訪問した場所、様々なことを見聞きして学んだこと、そして感じたことや考えたことを分かりやすい言葉で説明してくれました。戦争のない平和な世界にするために、自分たちでできることを考えるひと時になりました。

10月30日(火) 集中して書いています

 4年生が能任教諭の指導のもと、「はす」の文字を習字で書いていました。めあては「ひらがなの筆づかいに気をつけて書こう」。黒板には時計の絵が書いてあり、筆を入れる角度が示されていました。少し声が大きくなってしまう子供には「もう少し小さな声で」との指導が。そのあとは、全員が集中して半紙に気持ちを向けていました。

10月27日(土) 大きな感動をプレゼントしてくれました

 第5回国立青少年音楽フェスティバルがくにたち市民総合体育館で開催され、本校は5年生が出演しました。広い会場とたくさんの観客に緊張することを予想しましたが、多くの子供たちはいたって平常心。度量の大きさを感じました。写真は本番直前、会場前方左で出演を待っている様子です。

 合唱は「宝島」を歌い、合奏は「アフリカンシンフォニー」を演奏しました。合唱は頭声的発声の美しいハーモニーがすばらしかったです。合奏は子供たちの気持ちが一つになり、リズムよく、そして強弱をつけながら演奏することができました。会場からは大きな拍手が起こりました。

 保護者の方、地域の方に多数お越しいただきました。5年生の子供たちの潜在能力、そして成長を一緒に喜び合う時間を共有することができて、とてもうれしく感じました。11月中旬に開催する音楽会も楽しみです。そして、来年度は最高学年です。行事を通して最高学年になる心の準備をさせていきます。

10月26日(金) 玉川上水の源を訪ねて

 4年生が羽村方面で校外学習を実施しました。メインは羽村取水堰。玉川上水の源です。子供たちは、多摩川の水が堰に流れゆく様子を実際に見て、先人の偉大さを実感していました。玉川上水は本校の北部を流れ、また、駅名にもなっています。今後は、実際に学んだことを生かして、まとめの学習を充実させます。

 行き帰りの道路歩行、電車内での過ごし方等、めあての「校外学習のルールを守って、行動しよう」が大変よく守られました。素晴らしかったです。学校に到着後、「これだけしっかり行動できる4年生です。来年の宿泊学習では、自由時間をたくさん設定します」と伝えました。

10月25日(木) わくわくタイム(第8回)「好きなものを増やそう」

 笠置主任教諭が行いました。6年生から始めたフルート演奏。日頃はできないけれども、時々実家で楽しんでいるそうです。フルートも含め、好きなもの、好きなことを増やすと人生は楽しくなるというお話をしてくれました。最後は、フルートの音色に合わせて、みんなで校歌を歌いました。フルートを吹く笠置先生、輝いていました。

10月25日(木) おもちゃランドへようこそ

 1・2校時、体育館がおもちゃランドに大変身。生活科学習の一環で、2年生が1年生を招いて、おもちゃランドを開催しました。「ぴょんぴょんがえる」「ふくろロケット」等、楽しいおもちゃ屋さんがたくさん登場しました。1年生を迎い入れる2年生の一生懸命な姿、誇らしげな様子が印象的でした。

10月25日(木) 研究授業を行いました

 4年2組の志村教諭が校内研究で外国語活動の研究授業を行いました。「自分の思いや考えを表現し、進んでかかわろうとする子の育成」を研究主題に、今日は「自分の好きな時間とその理由を英語で伝え合う」ことをめあてに行いました。子供たちは、「もう終わり?」「いつもより5倍楽しかった!」などの感想を述べていました。

10月23日(火) 来年度、心よりお待ちしています

 来年度に入学するお子様が、就学時健康診断のために保護者の方と来校されました。大きな校舎や広い校庭を喜ぶ子、ちょっと不安そうに保護者の方に近づく子など、いろいろな様子が見られました。学校といたしましては、お子様や保護者の方が来年度から安心して登校できるよう、おもてなしの気持ちを大切にしてお迎えしました。

10月22日(月) 動物たちに感動!

 晴天の中、2年生と多摩動物公園に校外学習に行きました。たくさんの種類の動物がいて、子供たちは大興奮。多くの子供たちが最も反応したのは「さる山」でした。ボスざるを中心に形成されている社会は、人間の社会に通ずるものがあるようで、親子愛や争いなどに興味津々でした。

 道路の歩き方、電車内での過ごし方等、ルールやマナーを意識して行動することができました。帰りに国立駅の階段を歩いている時に、見知らぬ人から「子供たち、素晴らしいね。担任の先生の指導がいいね。」とお褒めのお言葉もいただきました。今回学んだことを、今後の学校生活にも生かしてほしいと思います。

10月20日(土) 見つかりました!

 昨年度から探していた「創立50周年時に埋めたタイムカプセル」。テレビ局との連携事業を行った結果、写真のように発見することができました。午後2時過ぎから始めた掘り起こしですが、途中局地的な雨が降り中断、午後8時前にやっと発見できました。発見時には、大きな歓声と拍手がおきました。

 その後、体育館に場所を移し、タイムカプセルの開封式を行いました。中には10年後の自分に宛てた手紙が、学級ごとにビニール袋に小分けして入っていました。ご来校いただいた卒業生に読んでいただき、当時を懐かしむ様子が見られました。11月3日(土)にテレビ放映がありますのでお楽しみに。(詳細はトップページをご覧ください。)

10月20日(土) 学校公開(セーフティ教室)

 1年生から3年生は体育館で行いました。不審者から自分の身を守るためにどうしたらよいのか、ロールプレイやDVDを通して学びました。子供たちは、「いかのおすし」の合言葉をわすれないこと、家の人とルールを作って守ることについて実感できたのではないかと思います。

 4年生から6年生はプレイルームで行いました。講師の方をお招きし、携帯電話やパソコンを安全に使うためにはどうしたらよいのか、具体的に教えていただきました。年々、個人の携帯電話(スマートフォン)を持つ子供が増えています。ご家庭においてはルールを決め、子供たちが安全に生活できるようお願いいたします。

10月19日(金) 論理的思考力を育みます

 2年1組の林主任教諭がプログラミング教育の授業を行いました。今年度、本校は東京都教育委員会からプログラミング教育推進校の指定を受けており、理論の構築と実践の充実を図っています。本日は単元の第1時で、ロボットに指令を与えて動かす授業でした。11月5日(月)には教育フォーラムとして公開授業を行います。

10月19日(金) 心を合わせて

 5校時、音楽室では5年生がそれぞれ合奏「アフリカンシンフォニー」の練習をしていました。10月下旬の市音楽フェスティバル、そして11月中旬の音楽会に向けての練習です。合わせ演奏ではテンポのよい独特なリズムに体を揺らしながら楽しそうに演奏する子供もいました。友達と心を合わせ、思い出に残る曲になることを願っています。

10月18日(木) ビー玉を瓶いっぱいに

 5年1組の教室の戸棚には、写真のようにビー玉と瓶が置いてあります。友達に対して思いやりのある行動や学級にとって望ましい行動等があった時にビー玉を一つずつ瓶に入れます。そして、瓶がビー玉でいっぱいになったら、学級全体でお祝いの催しをするそうです。先日は、瓶がいっぱいになり、校庭でティーボールを楽しんでいました。

10月17日(水) どんな本かな?

 今週は読書週間です。今日は、朝の8時20分から15分間、教職員による読み聞かせを行いました。子供たちはあらかじめ配布された一覧表からお気に入りの本を選んで教室移動をします。写真は、図書室で読み聞かせを行う学校司書です。子供たちは本の世界に入り込み、終了時には満足した表情を見せていました。

10月16日(火) 校外学習に行きました

 1年生が電車に乗り、武蔵国分寺公園へ校外学習に行きました。今回のねらいは「秋をさがすこと」と「公共のルールやマナーを守ること」です。公園では、落ち葉やどんぐりをたくさん拾って帰ってきました。秋の虫も発見したそうです。電車内でのマナーも素晴らしかったようです。写真は出発する直前の様子です。

10月15日(月) 読書週間が始まりました

 本日から一週間、読書週間が設定されています。おすすめの本の掲示、教員による読み聞かせの実施などを通して、本に主体的に関わることのできる子供の育成を目指します。さっそく、1年2組では朝の時間を使って学級担任による読み聞かせを行っていました。子供たちは場面に応じて拍手をしたり、歓声を上げたりしていました。

10月15日(月) 明日の練習を行いました

 明日、1年生は少し離れた公園に校外学習に出かけます。そこで、「歩き方」「虫の捕り方」「グループ学習」などの練習のために、近くの公園で事前の練習を行いました。ルールやマナーをしっかり守った上で、虫探しを一生懸命行うことができたようです。明日の天気予報は「曇り」。校外学習が実施できますように。

10月12日(金) 学校をよりよくします

 全校集会がありました。本日は委員会紹介です。まず、担当の教員が、委員会活動について説明をしました。「学級に係活動や当番活動があって学級をよりよくするように、委員会活動は学校生活をよりよくします」と分かりやすい説明をした後、各委員会委員長が自己紹介や活動内容、お願い等を立派に発表することができました。

10月12日(金) 授業力、学校力の向上

 校内研究の一環で、音楽の大谷教諭が研究授業を行いました。研究主題の「自分の思いや考えを表現し、進んでかかわろうとする子の育成」を達成するために、本人はもちろん、多くの教員が指導案検討、事前授業等に積極的に関わりました。改善された授業、同僚性の高い職場を皆で喜び合う時間になりました。

10月11日(木) お天気の良い日に

 2年生が多摩動物公園の校外学習を計画していましたが、朝から小雨、その後も雨が降る可能性があったので延期にしました。子供たちはとても残念がっていましたが、天気には勝てません。4校時には、体育館を使って学年合同でドッジボールを楽しんでいました。来週の19日(金)が予備日です。からっと晴れることを祈っています。

10月10日(水) スーパーの秘密を見つけてきました

 3年生が社会科学習の一環として、学区内にあるスーパー「オリンピック」の見学学習を行いました。事前に教室で疑問を考えた子供たち。実際に行って見学すると、更にたくさんの疑問が生まれたようです。写真は見学後に副店長さんに質問をしている場面です。ご協力いただいたオリンピックの皆さま、ありがとうございました。

10月9日(火) 全校朝会「30年前の合唱曲」

「校長先生の好きな曲の一つです」と紹介した上で、私が中学校2年生の時に合唱コンクールで歌った「冬が来る前に」という曲を聴いてもらいました。初めて聴いて「すてきな曲だなあ」と思い、みんなで練習を重ねるうちにますます好きになりました。子供たちにも、11月の音楽会に向けてお気に入りの曲を見つけてほしいと思います。

10月9日(火) 授業力を高めるために

 4年2組担任の志村教諭が、国立市の初任者研修の一環として、道徳の研究授業を行いました。市内の小学校から初任者の先生方が集まり授業を参観し、その後研究協議会を行いました。本日に至るまで、校内においても道徳の授業について多くの時間を使って議論することができました。貴重な機会をいただいたことに深く感謝しています。

10月5日(金)「運動の楽しさ伝え隊」

 国立市教育委員会では、東京女子体育大学と連携とした「運動の楽しさ伝え隊」事業を実施し、学生を各校に派遣しています。目的は、主に運動に苦手意識のある子供への支援です。本校には2名の学生が来てくれています。写真は4年生の授業です。一番右側が学級担任、一番左側が学生になります。運動の苦手な子供が輝くことを願っています。

10月4日(木) 稲刈り(5年生)

 6月下旬に田植えをし成長した稲がたくさんの実をつけ、稲刈りを行いました。バスで市南部の田へ。まず、農業委員会の方に説明をしていただきました。その後、実際に鎌で稲を刈る様子を見た子供たちから「おお!」と大きな歓声があがりました。「今までで一番反応してくれてうれしいです」と説明してくださった方がおっしゃっていました。

 説明を聞いた子供たち。鎌の使い方に十分に気を付けながらどんどん刈っていきます。センスがよい子供が多かったようで、農業委員会の方から「農家になれるよ」とお褒めの言葉をいただいていました。刈った稲は束ねてひもで結びました。二人一組で協力してしっかり結ぶことができました。

 農業委員会の方が最後に機械で刈り取るところを見せてくださいました。きれいに刈り取り一定の量になると自動的にひもで結ばれる様子を見た子供たち。「機械って便利だね」「昔の人は手作業で大変だったね」と感想を述べていました。教室では学べない、貴重な体験をすることができた一日でした。

10月4日(木) 歯を大切に

 お医者様を招いて、2・4・6年生が歯に関するお話を聞きました。なぜ、歯を大切にしないといけないのか、どのように手入れをすればよいのか、どんなことに気を付けて生活をすればよいのか等、様々なことを教えていただきました。自分の歯について、また健康について深く考える貴重な機会になりました。写真は4年生の様子です。

10月3日(水) 音楽会に向けて

 今年度の文化的行事は音楽会です。11月16日(金)、17日(土)に開催します。1校時に5年生の教室に行くと、どんな音楽会にしたいのか子供からキーワードを引き出し、学年スローガンを決めていました。また、音楽会実行委員や音楽フェスティバル実行委員も決めていました。やる気いっぱいの子供たちに感動しました。

 横の教室へ行くと、6年生が5年生と同じ取組を行っていました。班ごとに話し合ってキーワードを決めたのでしょうか、「鳥肌が立つ」「永遠に語り継ぐ」など、音楽による感動を届けたい気持ちが伝わってきました。ただ歌ったり演奏したりするだけではなく、目標に向かって前進する高学年を大変うれしく感じました。

10月2日(火)「片仮名、全部習ったよ」

 1年2組の教室に行くと、子供が教室の後ろを指さしながら「校長先生、片仮名全部習いました!」と教えてくれました。教室の後ろには、掲示用の片仮名カードがずらり。「では、校長先生の大好きなアイスクリームは書けるかな?」と聞くと、「はーい。書けます。」と力強く答えてくれました。

10月2日(火) 学年合同で

 朝、2年生が学年集会を開いていました。学級担任が子供たちが1年生、2年生と成長した部分を話しました。その上で、話の聞き方、座り方等、現在学年全体で課題と感じる点について話をしました。学級ごとの独自性とともに、時にはこのように学年全体で統一性をもって子供たちを認めたり、指導することが大切だとあらためて感じました。

10月2日(火) 命を守るために

 今日は安全指導の日です。3年1組の教室では「防災ノート」を活用し、「学校の行き帰りの安全について」グループごとに話し合っていました。登下校の道が描かれているイラストの上に付箋を貼り、何が危険なのか書き込んでいました。今後も月1回の安全指導日を大切にとらえ、自分の命は自分で守る力を身に付けさせたいと考えています。

10月1日(月) 自然の脅威

 昨晩は、台風24号による凄まじい風雨がありました。出勤途中の北大通りでは、折れた枝や葉が散乱するとともに、木によっては根こそぎ倒れているものもありました。学校では敷地内を念入りに確認しました。すると、校庭南側の大きな2本の木の根元が緩んでいることを発見し、安全確保のために立ち入り禁止にしました。

9月29日(土) 学校公開「地域と連携した総合防災訓練」

 学校公開を実施するととともに、今年度で5回目を迎える地域と連携した総合防災訓練を同時に開催いたしました。これまで、定期的に会を開いてきた「四小避難所運営委員会」の皆様を中心に、保護者、地域の方も多数ご来校いただき、充実した一日になりました。写真は、7時45分、皆様で最終打ち合わせをしている場面です。

 今回の総合防災訓練では、本校の代表として5年生がお手伝いをしました。誘導、椅子や机の設置、写真記録等、意欲的にお手伝いをしてくれました。地域や関係機関の方と上手にコミュニケーションをとりながら進めているところも素晴らしかったです。写真は、家庭科室で炊き出し(アルファ米)の手伝いをしている場面です。

 全学年、3つから4つほどの体験活動を行いました。初期消火、ロープワーク、AEDの使い方など、児童の発達段階に応じてプログラムを組みました。子供たちは、実際に大きな災害が起こり、学校が地域の方の避難所になることを意識しながら体験をしていました。各関係機関の皆さま、本日は誠にありがとうございました。

9月28日(金)「楽しかった思い出発表します」

 朝の全校集会は5年生による8月に実施した野外体験教室の報告会でした。魚釣り体験やアイスクリーム作り体験等、活動ごとに工夫した発表をしてくれました。写真は「八ヶ岳レンジャー」で、1学期に6年生による日光移動教室の発表会を参考にした工夫でした。特に、来年度に野外体験教室を実施する4年生は、興味深く聞いていました。

9月28日(金) 初めての・・・

 各教室を参観していると、「校長先生、1年生は初めての漢字学習です」と学級担任が教えてくれました。子供たちの真新しいドリルを見ると、「大」の字がありました。ひらがな、かたかなに加えて、1年生にとっては新たな学びになります。1年生の表情は、ちょっとだけ誇らしげに見えました。

9月27日(木)「ごみ」について学びました

 4年生と社会科見学に行きました。出発する前に「ごみについて深く知ることができたら80点、ごみを減らすために自分ができることを考えられたら100点満点です。」と話をしました。午前中は、可燃物が運ばれるクリーンセンター多摩川を訪問しました。子供たちは、大きなクレーンで運ばれる大量のごみに大興奮でした。

 午後は市内に戻り、不燃物が運ばれる国立市環境センターを訪問しました。木曜日はペットボトルの収集日であったため、その作業の様子を見学することができました。ペットボトルのキャップやラベルを一つ一つ外す作業員の方の様子をみて、「自分たちが家で外し、ゆすいでから出すことが大切だと思います」との感想が印象的でした。

9月26日(水) 国立市教育委員会による学校訪問

 国立市教育委員会による学校訪問がありました。毎年1回、教育委員や事務局の皆様にご来校いただき、ご指導、ご助言をいただきます。学校力を高めるチャンスであり、また、子供たちにおもてなしの心を育てるよい機会にもなります。午前9時からすべての教員の授業を参観していただきました。写真は、5校時、2年2組の研究授業の様子です。

 5校時終了後、校内研究の研究協議会を行いました。「自分の思いや考えを表現し、進んでかかわろうとする子の育成」を主題として、本日実施した外国語活動の授業について、限られた時間の中で有意義な協議を行うことができました。また、指導主事の皆様から貴重なご指導、ご助言をいただき、本校の研究が深まりました。

9月25日(火) 気持ちのよいあいさつでスタート

 今日からあいさつ運動が始まりました。代表委員会の児童が早めに登校し、校庭東側と正面に分かれて「おはようございます!」と元気にあいさつをしてくれました。その後の全校朝会で司会の教員が聞いてみると、自分から進んであいさつをした児童、相手の目を見て気持ちのよいあいさつを心がけた児童が多くいて、大変うれしく感じました。

9月25日(火) 全校朝会「言葉を大切に」

 6年生が国語の学習で作成した短歌について、私と副校長で選んだ2作品を紹介しました。(詳細は学校便り10月号でお知らせします。)1年生でも分かるように、ホワイトボードに平仮名と片仮名で書いて詠みました。その後、私が校内で聞いた心が痛くなるような言葉をいくつか示し、「言葉は使い方によって善にも悪にもなる」ことを話しました。

9月25日(火) 表現するってすばらしい

 中休みに、ダンスクラブの子供たちが日ごろ練習したダンスを披露しました。会場の体育館には多くの子供たちが集まり、音楽に合わせて手拍子をしたり、大きな声援を送ったりしていました。日頃の練習の成果が発揮されたすばらしいダンスでした。また、ダンスが自分の気持ちを表現する手段の一つであることを感じた時間になりました。

9月20日(木) 梨園に行きました

 3年生が社会科学習の一環として、国立市南部の梨園を訪問しました。今回は、「公衆マナーを守る」ことも目的の一つで、国立駅から谷保天満宮まで路線バスに乗りました。子供たちは、事前指導をよく守り、静かにそして周りの乗客に迷惑をかけないように頑張っていたそうです。3年生の成長を大変うれしく感じました。

 梨園から帰校した3年生です。それぞれの教室では、振り返りをしていました。「ぼくたちの住んでいる北部と、梨園のある南部は環境が違ったよ。」「おいしい梨を作る秘密を見つけたよ。」と発見したことを積極的に発表していました。実際に見ること、実際に体験することが大切であることをあらためて感じる一日になりました。

9月19日(水) 「平成30年度 国立市 科学に関する自由研究 発表会」

 ヤクルト中央研究所で開催されました。国立市立小学校8校の代表作品が集まりました。どれも子供たちが夏休みに一生懸命考えた作品です。本校からは6年生の田中ちひろさんが「〇〇で魚の骨は溶けるの?」という内容で発表をしました。堂々と自分の考えを発表する姿に、大きな拍手が送られました。

9月19日(水) 本気で考え、議論できる道徳の授業

 4年2組担任の志村教諭が、市立小学校の初任者の代表として10月に道徳の研究授業を行うことになりました。これを、本人そして学校全体の授業力向上の絶好の機会ととらえ、週に1回、校内で志村教諭の道徳の授業を参観する機会を設けました。本日の授業では、道徳教育推進教師の副島主幹教諭が飛び入りで参加し、授業の充実を図ってくれました。

9月18日(火) 全校朝会「季節に感動できる人に」

 9月14日(金)にお知らせした「ススキ」の話題。全校児童に伝えたいと思い、全校朝会で取り上げました。話の最後には、植物や動物などの生き物や季節の移り変わりにも感動する人になってほしいと伝えました。今年の十五夜は9月24日(月)、3連休の最終日です。ご家族でお月見はいかがですか。

9月14日(金) 秋を感じます

 写真は3年2組の教室です。学級担任の机の横に「ススキ」が花瓶に生けられていました。外からの風にふわふわと気持ちよさそうに揺れています。学級担任によると、保護者の方が子供に持たせてくれたとのことです。「子供たちに季節を感じさせたい」きっとそんな気持ちで持たせてくれたのだと思います。心から感謝申し上げます。

9月14日(金) いつでも来てくださいね。

 午前中、かわいいお客様が訪問してくれました。近くにあるきたひだまり保育園の2・3歳児の皆さんです。お散歩の途中に寄っていただき、入口近くのうさぎを見たり、滑り台で遊んだりしていました。近隣の保育園には「いつでも来てくださいね。」と伝えています。幼稚園・保育園と小学校との連携がますます深まればと思います。

9月13日(木) 静かに、安全に

 4年2組です。今から教室を移動するために、教室の後ろに並んでいます。「静かにしてください。」「前へ、ならえ。」と先頭の係の児童が指示をしています。この後、おしゃべりしたりや走ったりすることなく、落ち着いて教室移動ができていました。静かに、そして安全に教室移動ができる4年生、すばらしいと思います。

9月12日(水) 整理整頓、そして「心を落ち着かせる」

 朝の会、3年1組の教室では、全員がお道具箱を机に出して整理整頓を行っていました。子供に聞くと、定期的に学級全体で行っているとのこと。その子供は、自分で一週間に1回、整理整頓を行う習慣ができたそうです。私自身、学力向上のためには、「整理整頓」と「時間の管理」が必要だと思っています。学校全体に広げていきたいと考えています。

9月12日(水)「うわあ、すごい!」

 1年1組の図工は講師の原先生が授業を行っています。1校時、黄色い色画用紙を2つに折ってはさみでチョキチョキ。そして立たせると、あっという間にキリンさんが出来上がりました。「うわあ、すごい!」子供たちからは大きな歓声とともに拍手が起こりました。その後、子供たちは好きな動物や恐竜をたくさん作っていました。

9月12日(水) まだ9月、もう9月

 中休みに、現6年生の卒業アルバムに載せる教職員写真を撮影しました。6年生(卒業生)へ敬意を表して、教職員は正装です。また、未来へ力強く羽ばたいてもらえるように、精一杯の笑顔で撮影に臨みました。考えてみると、今年度も半分が過ぎようとしています。「一日一日を大切に」あらためて感じるひと時になりました。

9月11日(火) 2か月後の「感動」に向けて

 今年度の文化的行事は11月16日(金)・17日(土)に実施する音楽会です。各学年、音楽の授業を中心に練習が始まりました。写真は、4年生の様子です。「ブラジル」という陽気なリズムの曲を様々な楽器で演奏します。練習を始めたばかりですが、子供たちは先生にアドバイスをもらいながら一生懸命がんばっていました。

9月10日(月) わくわくタイム(第7回)「仲間とともに」 

 星野教諭が行いました。中学校、高等学校で所属していた合唱部の話でした。特に、高等学校は全国大会をめざすような強豪校で、合唱部の練習は大変厳しく、やめたいと何度も思ったそうです。しかし、大好きな合唱の練習を続け、その結果、かけがえのない仲間(友人)ができたと伝えてくれました。

9月8日(土) わくわくまつり

 晴天の中、PTA主催の「わくわくまつり」が開催されました。時間前から多くの子供たち、そして保護者の方が受付前に並びました。受付でスランプラリーカードを受け取った子供たちは、図書室、体育館、校庭と思い思いの場所に移動し、ゲームや工作をして楽しみました。準備をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 図書室です。内容は、「ビーズアクセサリー作り」と「スライム作り」です。ビーズアクセサリーは細かい作業ですが、子供たちは根気強くがんばっていました。スライムはカラフルな色に仕上がっていました。中学生もお手伝いに来ていただき、会場はたくさんの人で埋め尽くされていました。

 体育館です。内容は「室内ボーリング」「昔遊び(こま・けん玉)」「缶タワー」「スーパーボールつかみ」です。写真は「ツリークライミング」です。自分の体が上へ上へと動く状況に、子供たちは歓声をあげていました。

 校庭です。内容は、「ストラックアウト」です、テニスボールを9つの数字に分かれたボードに投げて楽しみます。既製の的とともに、手作りの的もあり、子供たちは狙いを定めて楽しんでいました。

 閉会式です。中心となってご準備いただいたPTAの皆様、そして育成会並びに児童館の皆様、本当にありがとうございました。子供たちにとって楽しい思い出に残るひと時になったと思います。また、多くの大人が子供たちの幸せや健全な育成を願っていることを実感したと思います。心より感謝申し上げます。

9月7日(金) 2学期も子供たちを一緒に育てていきましょう!

 4日(火)から始まった保護者会は、本日が最終日となりました。5年生、6年生ともに夏休みの様子をお伺いしたり、2学期の予定などをお伝えしたりしました。また、宿泊学習の様子を放映して、子供たちの成長をみんなで共有するすてきな時間になりました。 ★明日は、PTA主催の「わくわくまつり」です。どうぞよろしくお願いします。★

9月7日(金) 読書の秋

 図書室の前の廊下に、全校児童の「おすすめの本紹介」が掲示されました。低学年は印象に残った場面を絵で、中学年、高学年と進むにつれて文字が増えていきます。どれも力作です。掲示してくれた学校司書の先生に心から感謝しています。読書活動は本校の柱の一つです。これからも読書を大切に、心やさしくかしこい子供を育ててまいります。

9月7日(金) 出会いあれば別れあり・・・。

「教師力養成講座」の一環で観察実習生として2名が月曜日から、また、職場体験活動の一環で中学生2名が水曜日から本校で活躍してくれましたが、いよいよ最終日になりました。全校で集まる機会がなかったので、夕食の時間に職員室から放送であいさつをしてもらいました。各教室からは子供たちの大きな拍手が届きました。

9月7日(金) きれいな学校をめざそう!

 今日の全校集会は、美化・栽培委員会によるテレビ放送がありました。内容は、「上手な掃除の仕方」です。高学年の児童が実際に掃除をしている場面を流し、上手な掃除の仕方を考えさせていました。1年生の教室では「すごく上手だね。」と声があがっていました。きれいな学校、みんなが過ごしやすい学校について考えるよい機会になりました。

9月6日(木) やる気いっぱい

 2校時終了後、音楽室前の廊下に5年生がたくさんいました。理由を聞いてみると、中休みに10月27日(土)に開催される「国立市音楽フェスティバル」の練習をするので、授業が終わるのを待っているとのことでした。目標に向かって課題意識をもち練習を行おうとする5年生、とてもすばらしいと思いました。

9月5日(水) 「お兄さん、お姉さん、よろしくお願いします。」

 国立第二中学校の2年生生徒4名が、今日から3日間、本校で職場体験を行っています。下学年の授業に入って教員の補佐をしたり、用務主事と外仕事をしたりします。本校の生徒の多くが進学する国立第二中学校とこのような連携をができることをうれしく思っています。やさしいお兄さん、お姉さんは子供たちに大人気です。

9月5日(水) よりよい学校にするために

 今日の5校時は委員会活動(前期)の最終回でした。各委員会では、前期の振り返りを行うとともに、後期に向けて可能な範囲で準備を行っていました。写真は、飼育委員会です。合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい」の学校を作るには、学級・学年の枠を超えて学校全体で物事を考えることが大切です。委員会活動はその中心に位置しています。

9月3日(月) わくわくタイム(第6回)「登山」 

 羽下主幹教諭が行いました。夏休みに日本の百名山の一つ、「剱岳」に登った写真を紹介しながら、登山の魅力について語ってくれました。足を滑らせたら落ちてしまいそうな登山道や山頂から見る雲の姿に、子供たちは大きな歓声を上げていました。登山を行う上で注意していることは、「続けること」「準備すること」だそうです。

8月31日(金) 夏休みの研修報告会

 夏季休業日期間、我々教員は自己の指導力を高める絶好の機会と捉え、様々な研修会に参加しています。内容は、人権教育、外国語活動、体力向上、・・・と多岐にわたります。自分を高めるとともに、その成果を学校全体に還元することがねらいです。写真は、初任者教員が宿泊研修で学んだことを発表している場面です。

8月31日(金) 大好きな先生と最後の授業

 算数少人数担当の正森教諭の最後の勤務日となりました。昨年度の5月から1年3カ月、本校の子供たちのために力を尽くしていただきました。ていねいな授業準備、分かりやすい説明、温かい人柄に子供たちは惹かれ、算数少人数教室で一生懸命授業を受けてきました。写真は、6年生と校舎の長さを計測している場面です。

8月31日(金) 自分の体に関心をもつ

 発育測定を開始しました。本日は5・6年生です。子供たちは、1学期と比べてどのくらい成長したか楽しみな様子でした。測定の前に、主任養護教諭が「質のよい睡眠」をテーマに講話を行いました。写真は、講話を真剣に聞いている6年1組の児童です。これを機会に、自分の体に関心が高まればと思いました。

8月31日(金) まだまだ夏です

 今日の東京の予想最高気温は34℃。とても暑かったです。プールが使用できる学年の3・4年生は大喜びです。WBGTという気温や湿度の基準に照らし合わせて、水泳指導を実施しました。子供たちは、シャワーを浴びて「気持ちいい!」、プールに入って「ちょっとぬるいぞ」と様々な感想をもらしていました。

8月30日(木) 体幹を鍛え、姿勢をよくする

 本校では、コオーディネーショントレーニングを体育の授業に取り入れ、体幹を鍛えることで体力の向上を図っています。1学期には、座っている時の姿勢がよくない子供が多く見られたので、2学期の重点目標にしました。写真は5年生の様子です。正しい姿勢の大切さについて教員が説明をすると、みんな、すっとよい姿勢になりました。

8月29日(水) 朝の教室

 今日から2学期が始まりました。朝、校舎内を歩いていると、すべての教室の黒板に学級担任から子供たちへのメッセージが書かれていました。多くが「子供たちに会えることを楽しみにしていること」「前向きに2学期を送ること」といった内容でした。学級担任の子供たちを思う気持ちを大変うれしく感じました。写真は、3年2組です。

8月29日(水) 2学期始業式

 夏休み中、子供たちに大きな事故やけががなく、元気に登校できたことをみんなで喜び合いました。私からは、合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」に関連して、私を含めた代表の教員6名に「夏休み中の『夢』『感動』」を発表してもらいました。どんな内容だったか、子供たちに聞いてみてくださいね。

8月28日(火) 明日は2学期始業式です。

 今日で夏休みが終了し、明日から2学期がスタートします。学校では職員会議とともに授業の準備や教室の整理整頓を行い、明日に向けて準備を進めています。子供たちの元気な姿を見ることが楽しみです。さて、本日は、学校に不審者が来校したという想定で、「学校110番訓練」を実施し、立川警察署の方にご指導いただきました。

8月20日(月) 友達に会えてうれしいな

 後期の水泳指導を開始しました。写真は受付に並ぶ1・2年生です。「○○ちゃん、元気だった?」「久しぶり」と友達との再会を喜ぶ子供たちの姿がありました。子供たちの元気な声が戻ってきて、学校も活気付きます。後期も国立市水泳連盟の皆様にご指導いただきます。子供たちの泳力が向上すること、生活リズムが整うことを期待しています。

7月26日(木) より上達するように

 今年度、本校の夏季水泳時には、国立市水泳連盟の方にご指導いただけることになりました。全体的な指導は本校の教員が主に行い、準備・整理運動や泳法指導を水泳連盟の方に主に行っていただきます。本日はその初日ということもあり、7名もの方にご指導いただきました。子供たちの泳力が高まることを期待しています。

7月26日(木) きれいな学校をめざして

 本校の2名の用務嘱託員は、お掃除名人です。時間があれば廊下や階段の掃除をしてくれます。もちろん、子供たちも掃除をしますが、大人数が過ごす学校ですので、子供たちの掃除を補う形で行ってくれます。今日は1階階段前の廊下に写真のような立て札がありました。ワックスがけのお知らせです。2学期、子供たちを気持ちよく迎え入れる準備です。

7月25日(水) 子供たちが戻ってきました

 夏季水泳指導が始まりました。今日は昨日の気温より2,3度低く、子供たちは気持ちよくプールに入っていました。写真は、8時45分から始まる3・4年生の部の様子です。「校長先生、楽しいです。」「もう少し、水が冷たいといいな。」と感想を教えてくれました。子供たちが頭と心と体を鍛える夏休みになることを願っています。

 夏季水泳指導と同時に学習相談もスタートしました。写真は6年生が学習をしている様子です。全体の約半分の子供たちが参加し、涼しい環境の中で一生懸命学習に取り組んでいました。指導に当たる2名の教員に、「先生、ここを教えてください。」と積極的に質問する子供も多く見られました。

7月25日(水) 教員もがんばります

 教員にとって、長期休業日中は自らの指導力を高める絶好の機会です。今年度、プログラミング教育推進校の指定を受けたこととに関連して、提携している民間企業から講師を招き、2時間の研修会を行いました。実際にロボットを動かしながら、そのねらいや仕組みを確認しました。写真は、プログラミングされたドローンに驚いている教員の様子です。

 国立市立小・中学校の2・3年次の教員が集まり、本校で研修会を開催しました。本日は、模擬授業を通して指導力を向上させることが目的です。本校からは該当する2名の教員が参加しました。写真は、大道教諭が国語の模擬授業を行っている場面です。

7月24日(火) 授業改善に向けて

 7月5日(木)に5年生が実施した「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の教員による自校採点を行いました。教員が自ら採点を行うことで、成果や課題をより実感的に明らかにできるメリットがあります。写真は、職員室での採点場面です。今後は、採点結果を分析し、授業改善に生かしてまいります。

7月24日(火) 教職員の人権感覚を高める

 人権教育の教員研修を行いました。本日は様々な人権課題の中から「同和問題」と「性同一性障害者」を取り上げ、人権教育担当教員が講師となって説明、協議を行いました。あらゆる偏見や差別をなくすために、学校教育の果たす役割が極めて重要であることを再認識しました。今後も、計画的な研修を行い、教職員の人権感覚を高めてまいります。

7月21日(土) デイキャンプ

 育成会主催のデイキャンプが、午後2時から8時まで本校で開催されました。本日も猛暑だったため、場所や内容が一部変更されました。班ごとに教室でいろいろな遊びを行った後、保護者や地域の方が作ってくださったカレーライスを校庭の芝生の上で食べました。「おいしいね!」と何杯もおかわりをする子供もいました。

 夕食の後はお待ちかねのキャンプファイヤーです。火を囲みながら、楽しいゲームやダンスをしました。子供たちの安全を守るために、消防団や防犯協会の方も応援に駆けつけてくださいました。きっと、子供たちの心に大きな思い出として残ったはずです。地域の多くの方にご協力いただきましたこと、心から御礼申し上げます。

7月20日(金) 1学期終業式

 1学期の終業式を行いました。合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」を実現するためのに設定した2つのキーワード「めあて」と「ともだち」に焦点をあて、6年生と5年生のがんばりや授業の様子を取り上げながら話をしました。その後の夏休みの生活に関する話も含めて、子供たちはしっかり話を聞くことができました。

7月20日(金) みんながんばりました。成長しました。

 終業式後、各学級では通知表(あゆみ)が学級担任から子供たち一人一人に手渡されました。その際、1学期に頑張ったこと、成長したことをたくさん伝えていました。写真は、1年生の教室の様子です。一人一人名前を呼ばれ、学級担任から手渡されていました。周りの友達は「がんばったね」という思いを込めて、大きな拍手を送っていました。

7月19日(木) 明日は終業式です

 早いもので、明日は1学期最終日です。各学級では、1学期を振り返る活動とともに大掃除が行われました。1学期、みんなで楽しい時間を過ごした教室に感謝の気持ちを表すように、一生懸命掃除をする姿が見られ感動しました。写真は2年1組の大掃除の様子です。

7月18日(水) 命を守る

 4年生が着衣水泳を行いました。これは、水着での泳ぎ方と異なる状況を身をもって体験し、水に関わる不慮の事故に遭った時の対応の仕方を学ぶことが目的です。服や靴を身に着けて入水した感覚は予想以上だったようです。本日は、猛暑だったので、子供たちの安全を確保するために校庭及び体育館の使用を中止いたしました。

7月17日(火) 猛暑が続きます

 猛暑が続いています。天気予報によれば、2つの高気圧が重なっていることが原因のようです。学校では、クーラーを適切に使うとともに水分補給、帽子の着用など、子供たちが熱中症にならないよう細心の注意を払っています。ご家庭でも栄養・睡眠・休養等にご留意ください。写真は1・2年生の水遊びの様子です。本日は検定を行いました。

7月17日(火) 水道水について学びました

 4年生が「水道キャラバン」の授業を受けました。これは、水道水に関する理解や関心を高めることを目的に東京都水道局が実施しているものです。寸劇や映像、実験等、子供たちの集中が続くように工夫された授業で、2時間があっという間に過ぎました。日頃、何気なく使っている水道水。これを機会に興味をもってもらえるとうれしいです。

7月13日(金) 安全な生活を送ろう

 4年生が総合的な学習の時間の学習の一環として、地域安全マップの発表会を行いました。朝の時間(8時20分~8時30分)に全校児童が地域ごとに分かれて発表を聞きました。地図は、「安全な場所」「危険な場所」「防災設備」の3つに色分けされ大変分かりやすかったです。地域の安全を意識して夏休みを迎えてほしいと思いました。

7月13日(金) 「うれしくて泣きそう・・・」

 5年生がそれぞれの学級の道徳の時間に「いいところさがし」を行いました。写真は、5年1組が机を円の形にして、一人一人の紙を回しながら記入している様子です。「えー、書けないよ。」と最初ははずかしがっていた子供もいましたが、時間が経つにつれて真剣に考える様子が見られました。

 5年2組の授業の最後の様子です。「うれしくて泣きそう・・・。」そうつぶやいた男子の周りに数名の友達が集まってきて、その子供のいいところが書かれたワークシートを読んでいる場面です。学級担任が私に知らせてくれたのですが、何だかこちらも心が温かくなりました。すてきな学級・学年をつくってほしいとあらためて感じました。

7月12日(木) ゲームで親しもう

 5年生の外国語の授業です。今日は「曜日や教科名に親しむこと」がめあてです。子供たちは教科の中から9つ選び、ビンゴゲームを楽しんでいました。ゲームを行うことで楽しみながら学べるとよいと思います。担当教員は、ゲーム自体が目的にならないよう、上手に授業を構成していました。

7月11日(水) ピーポくんの家はどこ?

 地区児童会を開催しました。1学期の集団登校について地区ごとに話し合いをしました。どの地区も建設的な話し合いが行われていました。担当の保護者の皆様、ありがとうございました。その後、集団下校の際には「ピーポくんの家」の確認を行いました。緊急事態の際には、ためらわずに助けを求めることができるように今後も指導をしていきます。

7月11日(水) 体罰根絶に向けて

 体罰防止校内研修を行いました。どのような行為が体罰や暴言等に当たるのか、なぜ体罰を行ってはいけないかについて理解を深めるとともに、事例研修を通して体罰に依らない具体的な指導を考えました。研修を進める中で、あらためて子供への指導の在り方や大切に育てられているご家族の愛情について深く考える機会となりました。

7月9日(月) わくわくタイム(第5回)「時と人生」

 正森教諭が行いました。小学校時代から社会人になるまでの貴重な写真をもとに、それぞれの時代で感じたことや考えたことを子供たちに話してくれました。私が一番印象に残ったのは、「誰でも時は過ぎていく」というお話です。子供たちは、今を一生懸命に生きていく大切さを学んだのではないかと感じました。

7月6日(金) 楽しいひととき

 ゲーム集会がありました。今日は○×クイズ。国立四小に関するクイズが4問出されました。お題は、「全校児童数」「教室の数」「先生の誕生日」。おもしろかったのは、「○○先生の特技は腕相撲である」答えが発表されるたびに大きな歓声が上がっていました。準備をしてくれた集会委員会の皆さん、お疲れさまでした。

7月5日(木) 学力向上をめざして

 5年生が、「児童・生徒の学力向上を図るための調査」を行いました。国語、社会、算数、理科の順にそれぞれ40分間の調査を行います。両クラスとも張りつめた空気の中、真剣に取り組んでいました。子供たちは長時間の調査で疲れたことと思います。今後は、調査結果を分析し、学校全体で引き続き学力向上に向けて取り組んでまいります。

7月4日(水) すてきな6年生

 6年生は素敵だなあといつも思うことがあります。それは、男女仲が良いことです。高学年になると異性を意識し始め、距離を置くことがよく見られます。しかし、昨年度の6年生も今年度の6年生も男女仲が良く、それは本校のよき伝統になっています。写真は教室での授業です。男女横に並ぶ机が仲の良さを表していると思いませんか。

7月4日(水) 季節を感じながら

 梅雨が明け、猛暑が続いています。6年生の教室の廊下側に、すてきな作品が掲示されました。青いうちわに漢字一文字。涼しさを表しています。講師の先生にご指導いただき、どれもしっかりした字です。子供たちに日本の四季を感じさせながら学習を進めていただいていることをうれしく思います。

7月3日(火) 「いっぱいとれたよ!」

「校長先生、いっぱいとれたよ!」登校した2年生が遠くから大きな声で伝えてくれました。手には溢れんばかりのたくさんのミニトマトが。2年生が生活科で育てているものです。その子供の笑顔とミニトマトのおいしそうな様子を思わずパチリ。どちらも輝いていました。ミニトマトは家に持ち帰って食べるそうです。

7月3日(火) 全校朝会「自分の身を守る」

 自分の身を守ることを目的に、「ピーポくんの家」の紹介をしました。民家やお店がステッカーを貼り、不審者遭遇時や災害時等における子供たちの安全を確保してくれる仕組みです。分かりやすく理解させるために、教員による寸劇を行いました。写真は、「ピーポくんの家に住んでいる人」役の副校長先生が説明をしている場面です。

7月3日(火) 避難訓練

 職員室から出火した想定で避難訓練を行いました、大変暑い中でしたが、子供たちはおしゃべりをせず、防災頭巾を被り、速やかに避難することができました。すばらしい態度でした。最後に、火災時には煙で亡くなる方が多いことを伝え、本日のように短時間で避難する大切さを伝えました。

7月2日(月) 快晴、そして子供たちの元気な声!

 雲一つない快晴です。そして暑い朝を迎えました。子供たちが元気に登校しました。先週6月29日(金)、関東甲信越地方に昨年より7日間早い、また例年より22日も早い梅雨明けが発表されました。1年生がお世話をする朝顔にたくさんのきれいな花が咲き始めました。今日から個人面談です。子供たちの成長を共に喜び合いたいと思います。

過去の「夢いっぱい 感動いっぱい(校長室から)」

学校概要

国立第四小学校

国立第四小学校

〒186-0001
東京都国立市北2-29
TEL:042-572-4197
FAX:042-572-4198