教育目標「学びあう子 助けあう子 きたえあう子」

  • 小
  • 中
  • 大

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
第2階層ヘッダー画像
トップ > 学校紹介 > くにごの研究・実践 > くにごの教員研修

くにごの教員研修

04月01日 更新

本校では、教員の資質・能力を高め、授業力や技能向上を目指すことを目的として、さまざまな研修活動に取り組んでいます。

このページでは、本校がおこなっている4つの大きな教員研修についてご紹介します。

くにご授業改善プロジェクト

主任教諭等をリーダーとして教員を5グループに分け、各グループの研究テーマに基づいた個人テーマを設定した授業を実施しています。

主な内容

・年次研対象者の「年次研研究授業・協議会」30分の実施

・年次研対象者以外の「一人一実践研究授業・協議会」15分の実施

特徴

4月に、リーダー教員が設定したテーマをもとに各教員の希望を重視してグループ分けを行います。ベテラン・中堅・若手というグループ編成をし、同じ研究テーマで取り組むことにより、学年の違いによる課題の発見や若手をみんなで見て育てることを目的としています。

校内研究

平成20年より継続して研究してきた「くにごメソッド」を柱として、その指導法が理科のB区分に適用できるか、また、理科で習得した力を算数科でいかに活用できるかを研究しています。

研究テーマ

「問題解決を通して思考力・判断力・表現力等を高める子 ~チャレンジ、新しい扉を開こう!~」

主な内容

月に1度、学年単位で授業研究を行っています。1クラスだけ公開するのではなく、学年の全クラスを公開することにより、単元計画の場面を分けて公開したり、同じ指導案を複数のクラスで実施することにより児童の実態に応じた進め方の工夫や全クラス同じ場面を公開することにより児童の反応や指導の方法などについて教員間で協議しています。

特徴

・必ず授業一週間前には、模擬授業を全教員を前にして行います。

・授業では、必ず「本時の見どころ」をもとに協議会を進めています。協議会をわかりやすく活発な議論にするために、また限られた時間の中で効率的な議論をするためにこのような方法を採用しています。

教員研修

  • OJT推進モデル校「特色ある取り組み」報告
    000KBアイコン画像

相談支援委員会

各学年の要配慮児童についての情報交換をし、管理職、主幹教諭、担当者等の少人数で今後の対策や全体への周知の方法を検討しています。

くにごOJTの全体体系図

くにごOJTの全体体系図

くにごの研究・実践

  1. くにごの教員研修
  2. くにごの教材開発

国立第五小学校

〒186-0003
東京都国立市富士見台
2-47-2
TEL:042-572-5197
FAX:042-572-5198